お知らせ

  • 2021年
    09月06日

    トップ画像:長寿もち

    長寿もち

    古くより招福と長寿の象徴とされている、千成瓢箪のような、のびやかで柔らかな形です。

    契約農家の近江米の餅でやさしい甘みの自家製つぶ飴を包んでいます。

    9月20日の敬老の日のお祝いにぜひ。



    敬老の日は、
    昭和23年(1948年)に祝日法として、「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う」ことを目的として制定されました。

    その前年、兵庫県多可郡野間谷村で、9月15日に村主催の「敬老会」を開催したのがもともとの始まりだとか。当時の村長が「老人を大切にし、年寄りの知恵を借りて村作りをしよう」という趣旨から開いたもので、9月15日は、農閑期にあたり気候も良い9月中旬だったからだそうです。

     

    長寿もち商品ページはこちらへ→https://kashin-ohsuga.com/cyoujyumochi/